So-net無料ブログ作成

date217 厳しいな [健康・病院]

4月24日 晴れ

憂うつな毎日。春が訪れても変わることはない。
気づけば桜も散っているこの時期、また見ることは出来なかった。
その前に、まともに歩けないから桜を見に行くことすらないけれど。

極力、紫外線を避け、日中は自分と猫ちゃんの
診察日以外は、基本的に外出することはない。
お出かけといえば、夜コンビニに行くくらいなもの。
気休めに何処かへに行くこともないこの生活。
これ以上は動けないのだ。これでも頑張ってはいる。
もう3年。本当に疲れる、抜け出したい、、、いつも思う。

他人から見れば、ただの引きこもりになるのだろうね。
でも、あまり動けない、慢性的な全身疼痛、紫外線を避ける生活は
こうなるんだよと言いたい。その中で出来る限りの事はやっている。

未だに、無理した生活、無理して動けば、その反動が返ってくる。
特に病院の日、必ずと言っていいほど体調を崩してしまう。
痛む部位がさらに増して痛み、その圧痛はとても苦しいもの。
例えば、身体の奥の神経を握り潰されているような感じかな。
その圧痛が倦怠感とともに、この身体に襲ってくるんだよ。
その頃には、意識も朦朧となることも多く、立つのも座るのもやっと。
いつもより手足も辛く、痛みが圧痛が増し動くことが困難なっている。
こうなると薬も効かないし、嫌でも寝込んでしまうことに、、、なるのだよ。

シェーグレンってこんなに辛いのかな、、、
そう疑問を感じ、少し前に担当医の先生に聞いたことがある。
答えは、症状は重いというか酷い方とのこと。
でも、痛む箇所と言うのかな範囲は様々だけど
こんな感じになってもおかしくないみたい。

毎日40錠近くの薬を飲み続けなければ、今の自分はいない。
薬に頼らなければ、自分の身体、体調すら維持が出来ずにいる。
それでも、自分自身に回復を願っている。駄目だとしても。

もう、自分に出来ることはあまりないなと思う。そう感じてしまう。
それが、本当に現実になってしまうのか、すぐそこまで近づいているのか。
どうなってしまうだろうか。
でも、猫ちゃんは最後まで不自由なくしてあげたいな。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0